デリバリー

単なるデリバリーサービスではなく、食のマッチングアプリです。

オカメインコ
オカメインコ
もはや紹介不要、食べたい時になんでも食べられる、気になるメニューをスマホでサクッと注文。いつでもどこでもお腹を満たせるアプリの代表的な存在といえば、なんといってもウーバーイーツです。アプリから食べたい気分のメニューを見つけたら、緑や黒い四角いバックを背負ったお兄さんに自転車で配達してもらえるサービスです。

シェアリングとマッチングの時代に登場したアプリがウーバーイーツ。

マッチングアプリといえば、恋愛系のサービスを思い浮かべるかもしれません。ウーバーイーツもまた、出会いが欲しいレストランと、理想の恋人を探したい注文者を結びつけるという意味で、食を通じたマッチングアプリと言えるのです。レストランと注文する利用者の間にあるのがアプリ、配達してくれるお兄さんたちなのです。

配達パートナーといわれるお兄さんたちは、ウーバーイーツに雇われているのではなく、ウーバーイーツから配達業務を委託されています。小さなレストランでも人を雇うことなく、利用者は一皿だけでも気軽に注文できて自宅などで料理を受け取ります。アプリを通じて注文が完結し、直接お金をやりとりする機会が発生しないため安全に販路を拡大できることもレストラン側のメリットです。
もちろん、配達パートナーにもメリットがあり、時間と場所を選ばずに働ける点が挙げられます。自由気ままに働けそうなイメージもありますが、一概にそうとも言い切れません。配達パートナーに登録するためには、本人確認の書類を提出したあと講習を受けなければなりません。いざ配達パートナーとなったとしても、それなりに責任感を持って配達業務をこなさなければなりません。その理由は、配達が完了したあとに、注文者が配達パートナーを評価する制度があるからです。高評価ならば特典が与えられますが、無愛想な態度だったりすれば、注文者からは当然評価されず、罰則があったり、低い評価が積み重なるとアカウント停止になってしまい、もう二度とウーバーイーツで働けなくなってしまいます。
配達中は、のんびり休憩をしたりすることもできません。配達状況はアプリで注文者にもチェックされており、リアルタイムで移動の様子が丸わかりです。急に雨が降ってきたり突風が吹いた時でもペダルをこぎ続けることが、評価を大きく左右することになるでしょう。

とくに女性や、あるいはテレビに出演しているような有名人の場合、見知らぬ誰かに自宅の場所を知られたくない場合もあるでしょう。その点も、料理を受け取るだけのウーバーイーツなら、サービスを安心して受けられることができます。お金のやりとりをする必要がありませんから、置き配といって、何も言わずに玄関前に置きっぱなしにしておいて欲しいなどのリクエストができるのです。

これまでのデリバリーサービスで選べるメニューは、一人では食べきれない大きさのピザや、何十貫もマグロがぎっしりと入ったお寿司などばかりでした。ところがウーバーイーツでは、行ってみたかったレストランの料理を一皿からでも注文できます。その理由は、ウーバーイーツはどんな規模のレストランでも気軽に参入しやすいからです。例えば、ウーバーイーツに掲載料金を払う必要がありません。これまでのデリバリーや出前を注文できるウェブサイトの場合、掲載し続けるための料金が発生するために、注文があってもなくても料金がかかり続けていました。ところがウーバーイーツなら、注文があった場合に売上に応じた手数料が引かれるだけですみます。さらに料金の設定も自由にできるため、手数料に鑑みた料金を設定すれば確実に売上アップにつながるのです。

Google Play で手に入れよう​​